godiac13 blog v2.0

ザ・BEAT8

IMG_9716.jpg
とうとう35th Anniversaryが最終。BEAT1の京都 磔磔からは長かったような気がする。1曲目はタイトルにならって「8 BEATのシルエット」から物々しくやるのかと予想していたが、大きく予想を裏切り「SSG」。このオープニングはナカナカ良かったのでは。WOWOW生中継とあって、若干の緊張がみられた。しかし、どれもこれも過去最高レベルの演奏。Guitarの音もどれもよ〜く聞こえたが特にパールのゼマイティス。低いところはウォームながらもしっかりとしていて、高いところは痛くなくキラキラ。「命は燃やしつくすためのもの」が大好きでこの音のマッチングっぷりっていったらこれ以上はないというサウンドだった。トーンすべてがギリギリの線。これだけでメシ何杯も食えるわ。あとは布袋モデルのコンプレッサー加減が絶妙。「BAD FEELING」は更に磨きが掛かったと感じた。スゴい。

今回は事前にサウンドシステムがFREE THE TONEより知ることができたので想像も膨らんでいた。なんとタイムリーな世の中になったもんだ。今回は、不動のDivided by 13とMarshallの2種。なんとKEMPERが外れた。やはり、表現力が豊かでもデジタルアンプは飽きてしまうモノなのか。アナログ部分はピート・コーニッシュでデジタルモノはFREE THE TONEが担当。なんという贅沢っぷり。個人的に気になったのは、XOTICのBB Preampかな。布袋師匠のサウンドシステムにXOTIC製のモノが入るのって初めてじゃないか? 製品名にプリアンプと書いてあるが恐らくはオーバードライブとして使っているのであろう。

最後の曲は絶対に「LONELY★WILD」だと思っていた。みんなもそう思ってたんじゃないかな。今年はLive尽くしで布袋師匠もエラく疲れたと思う。そして、ザッカリー・アルフォードのドラムをたくさん聞けて本当に幸せだった。来年は夏が過ぎるまでは国内でLiveをやることはないだろう。b.c. only待ちですかね。

それでは、良いお年を。

ザ・狸

IMG_9626_20161218022219a1f.jpg
掲載を失念していた。HOTEI仕様のPONTAカード。これはクレジットカードではなくデポジット式のモノ。まだアクティベートしてないや。

ザ・博物④

IMG_9609.jpg
小出しにしてたら第4弾まできてしまった「HOTEI BEAT museum」特集。
これもすんごく拝みたかった1本。「GUITARHYTHM V Tour」で使用したものとは違う、一番最初に見たのは確か恵比寿のマンスリーライヴだった気がするが。。。

ザ・博物③

IMG_9617.jpg
連続特集「HOTEI BEAT museum」第3弾。

マルチトラックレコーダーが3台。ヘッドフォンで聞きながら各トラックのバランスを取るというモノ。3台とも曲を変えているところが気が利いている。しかし、どのトラックも0dbよりフェーダーを上げると確実にデジタルクリップをしてしまうという実に難解な仕様となっていた。フェーダーは下げながらバランスを取るという基本だな。

ザ・博物②

IMG_9598_201612021425288bb.jpg

「HOTEI BEAT museum」特集②

「8BEATのシルエット」シリーズのマフラータオル展示。

ザ・博物①

IMG_9596.jpg
「HOTEI BEAT museum」 レコード屋の一角での開催というイメージだったのでナメて掛かっていたが、なかなかスゴかった。本人使用のGuitar展示があるというのでとにかくそれが見たかった。ミュージアム開催期間終了となったので3部構成くらいで紹介することにする。

ザ・緩衝

IMG_9637.jpg
「HOTEI BEAT museum」へ。職場から徒歩で行けるのは助かる。高崎とかでやられたらたまらん。当然ミュージアムも目的だが、このピック型クッションがエラくオレの目を引いた。ミュージアム限定ということなのでライヴ開場では買えない。開場では丸型のクッションが販売されているが、丸型は欲しいと思えない。満を持してミュージアムに行ったが売り切れと言われ肩を落として帰ってきたが、その日の夕方に公式LINEで「明日、再発します」との情報。2日連続で行き、なんとか手に入れることができた。このクッション、2,200円なのだがオークションで7,000円ほどの金額で出品されていた。そういうのってどうよ? アーティストグッズを転売で利益を得ようとする生き方がオレには理解ができない。

ザ・最終日【BEAT 7】Maximum Emotion Tour

IMG_9655.jpg
BEAT7が終了。素晴らしい最終日だった。今回も最終日に参加できたことを神に感謝する。サウンドがとにかくソリッド。磨きに磨かれたサウンドの数々は「Rockとは痛みを伴うもの」を体現した演奏だった。本編セットリストに変更はないものの、スペシャルゲストのズッケロさんの参加で3曲増量。これは事前告知があったので、予習としてNHKホールに向かう前に「Ti Voglio Sposare feat. Tomoyasu Hotei」をダウンロード購入して聞きながら向かった。イタリア人のおっさんでリリースしたアルバムの合計売上枚数が5,000万枚を超えるというモンスターアーティストらしい。3曲プラスということもあり、だいぶ長丁場なステージだった。

今回サイドギターがいたこともあり、ハムバッキング率がだいぶ高い。そしてストラトを1曲も弾かなかった。最近では珍しい。特に良く聴き取りやすかったギターは、ゼマイティスの円形メタル。コレを見るとGUITARHYTHM ACTIVE TOURを思い出すな。そして黒のテレキャスターにパールのゼマイティス。コレがあれだけ鳴るのなら「SAVE ME」が聞きたかったところだ。サウンドシステムは足下をシンプルにしていながらもアンプは2台使い分けていた。

あとは12/30の武道館を待つのみか。実に良き演奏だった。

ザ・卓

IMG_9153.jpg
初日、越谷の卓周りをスニーキング。撮影したものの、何を何に使っているのかさっぱりわからん。

ザ・達磨

IMG_9152_20161120131123615.jpg
初日の越谷で飾られていたダルマ。まだ片目だ。最終日に書くのか? それまで眼帯させてスネーク仕様にするのはいかがだろう?

このカテゴリーに該当する記事はありません。