godiac13 blog v2.0

ザ・完結

IMG_7704.jpg
映画「さらば あぶない刑事」を観に行ってきた。あぶ刑事といえばオレの青春そのもの。中学生の時、赤ラークを吸ったりMENS TENORASの服を買っていたのも柴田恭兵さんの影響だ。何より、あぶない刑事のTVシリーズのサウンドトラックが好きで小比類巻かほるの歌をよく聴いていた。一曲だけサントラに入ってなかった曲を解明するのに時間が掛かったが、後に友人宅で偶然掛かったBOØWYの「DANCE CRAZE」であること、布袋寅泰の存在を知ることになる。いわばGuitarを始めるきっかけがあぶない刑事だと言っても過言ではない。そしてこの最後の映画の悪役が吉川晃司という、なんとも奇妙な縁みたいなものを感じざるを得ない。

本編のほうだが、懐かしいメンバーがそのままたくさん出演していて、それなりに楽しめたのだが、話の展開がなんだかとっちらかっている感じで、ついていくのが大変だった。ラストもうーんって感じ。これ、もう1本作ってみたら?

ザ・続編

96417a9b90ceda082afa2ede63d7dab2.jpg
遅ればせながら「アウトレイジ ビヨンド」を鑑賞。1作目はBlu-rayを買うほど気に入った作品なので、スゴく期待を寄せていた上、周囲の感想も絶賛だった。なんであんなにドロドロというか、グロい部分もあるのに観た後はスカッとするのか不思議だ。脚本的には納得のいくつなぎだったと思う。1作目ほどグロい描写はなかったものの、罵声がとにかくスゴい。熱くなるわ。面白かった。今回、気になった俳優さんは松重豊という刑事役の人。スゴく、いい味出してると思う。

ザ・コレクション

DSC00154.jpg隔週火曜日のお楽しみ。「あぶない刑事」のTVシリーズのDVD。やっとここまで揃ってきたが、全51話まではまだ遠いのう。

ザ・DVDマガジン

SN3S0543.jpg書店でこんなもの見つけてしまい即買い。TVシリーズの「あぶない刑事」が収録されていて、全51話まで順繰りにリリースされる模様。今んとこVol.3まで出ているようだ。価格も安いのでこれはコンプリートしてしまいそうだ。

ザ・革命

SN3J0185.jpg「SP 革命編」のBlu-rayが発売。これは待ち遠しかったな。劇場で観た時の緊張感は忘れない。映画でこんなに観てるこっちが緊張することなんてあるだろうか。この後の続編があったら嬉しいんだけどなー。

そして、「野望編」のBlu-rayと同様にdts-HD6.1なもんだから拙宅の環境では2.1chでの再生となってしまうのがとても残念。残念な思いをしたからこそ意を決した。

ザ・警察故事

SN3J0171.jpgオレの大好きなポリスストーリーシリーズ。知らんウチにBlu-rayの3本セットが出ていた。値段が爆安の3,000円程度。DVDの時に悩んだけど、買わなくて良かった。ジャッキー・チェンの映画は殆ど観ているが、オレが一番好きなのはこのポリスストーリーの1作目。邦題には「香港国際警察」という副題も付けられていた。これを観たのは中学1年生。新宿ロマンに友達と朝早くから並んで観たのをよく憶えている。ビデオレンタルでも何回も何回も借りて何十回観たことか。そのぐらい夢中になって観た。どのシーンも鮮明に覚えてる。

そして、Blu-rayが届き早速再生。ファーストシーンからいきなり劇場公開版と違う。よくよく考えてみれば、なんとかロードショーとかでTV放映された時に似た感じ。アレは酷かった。役名から違うし、終わり方すら違ってた。さすがに今回のBlu-rayはTV放映ほど酷くはなかったが、残念な思いをした。そして無理矢理なサラウンドミックスもちょっとだけ引いた。まあ、仕方ない。

ザ・貸出

SN3J0362.jpg
楽天レンタルというサービスがあるのを知り、利用してみた。今スグ観たいという
映画がなかったので・・・



ザ・オマケ付

SN3J0259.jpg「SP 野望編」のBlu-rayが届いた! 発売日予約をしてるとホントに発売日に届くんだなw オマケでSP5人分のポストカードが付いてきた。特にいらない・・・。しかしTVドラマの時は「SP 警視庁警備部警護課第四係」ってタイトルだったのに、映画だとタイトルが違うのはナゼなんだ?

ザ・記者

k541899456.jpg特集第3弾。「クライマーズ・ハイ」のDVDが楽天で¥2,000。Blu-rayが¥4,500くらい。こういう作品は映像美とか迫力ある音楽がメインではないと自分に言い聞かせ、15分悩んでDVDにしたw 地方新聞社で働く男が日航機墜落事故に関わるという話なのだが、話のテンポとか編集局の雰囲気とかかなり好きだ。あのやかましい職場とか野郎共がけたたましく闘っている姿とかたまらん。そんな中で一本筋の通った男が複雑な心境を抱えながら目標に向かってく姿を演じる堤真一が見事にハマっている。そして、劇中で何度か使っているカメラワークがオレにとってはとても新鮮だった。1秒間に4回も5回もアングルが変わり、セリフのスリリング感を更に高めている。なんか、日本映画独特の手法な気がする。この映画は面白い。

ザ・変更

PCXC-50033.jpg4/16に発売予定だった「SP 野望編」のBlu-rayが4/23になってしまったようだ、残念。「野望編」はアクションを重点においた内容になっており、当たり前だが話の核心は「革命編」だ。そしてTV放映した「革命前夜」これも超重要である。「野望編」のアクションは結構スゴい!長年ジャッキー・チェン信者だったオレも納得。Blu-rayはdts HD Audioで6.1ch。かなり凝っているので楽しみだ。

特別版は高いので、通常版を注文しておいた。

このカテゴリーに該当する記事はありません。