godiac13 blog v2.0

ザ・円錐台

IMG_9921.jpg
以前発見して手放せないアイテム、イヤフォンのポテンシャルを確実に上げるコンプライのイヤーピース。内側から裂けてしまい破壊されることなってしまった。まあこういうもんは消耗品なので仕方ないところもあるが、壊れるまでちょっと早いのではと感じた。前回はアジアンフィットといって球体状に作られたモノを使っていたのだが、これがそもそも問題なのではと思った。オレの耳穴が人より小さいのか、西洋耳穴なのかはわからん。しかし、思い起こせばサイズが大きかった感もあり、遮音性を高めるためかなりグイグイ押し込んでいたことは否めず、イヤーピース自体に少なからず負担が掛かっていたのは間違いない。というワケで今回は円錐台の形をしたスタンダードタイプを選択したらフィット感が増し、イヤーピースにも負担は少なそうだ。コレでいこう。ハラショー!

ザ・遮音

IMG_9688_2016122801573740a.jpg
例のBluetoothイヤフォンだが出勤の行き帰りで使用した。音質はこれでいいだろう。想像は越えていたし、十分だ。音飛びもほぼない。しかし前述の通り、付属のイヤーピースでは不足。遮音性に欠ける。その昔、Apple製のインイヤータイプに付属していたものとほとんど同じ、シリコン製のものだ。これはもちろん好みもあるだろうが、挿し易く抜けやすいのがオレとしては問題だ。久々に使ってみたが、やはりダメ。堪えられんという結論。

Amazonレビューを見ていると、コンプライというメーカーのイヤーピースの存在を知った。あらゆるメーカーのイヤフォンに合わせたイヤーピースがあるらしい。ウレタン製、そして、このイヤフォンに合う型があるらしい。この堪え難き状況を脱するべく、会社の帰りに早速、家電量販店に足を運び、オーディオコーナーへ。色んなメーカーのイヤーピースがあったが、コンプライのモノは特に幅を利かせていた。規格サイズごとの型番が用意されており、JPRiDE JPA1 MK-IIは500番という事前情報があったのでひたすら探す。SサイズかMサイズか5分悩みMサイズを購入した。

使用感は今までで一番素晴らしい。Shure SE215で使ってたウレタンイヤーピースよりも遮音性が高い。もう周囲の音はほとんど聞こえない。たかだか4,000円のイヤフォンのポテンシャルがここまで上がるとは。ハラショー!

ザ・無線音楽

IMG_9673_20161225145132b13.jpg iPhone 7 Plusにヘッドフォンジャックがないなんて嘘だと思ってたら本当になかった。当初は変換ケーブルで過ごそうかと思っていたが、あのケーブルは使っているうちにスグ断線することが容易に想像できたことから、使用せずBluetoothイヤフォンを試してみようということになった。


本来ならば宗教上、Apple純正の「AirPods」を選択すべきだが、iPhone添付品にもあるPodsシリーズ的なやつは音漏れをするので選択肢には入らない。Shure製でBluetoothイヤフォンがリリースされていれされすれば迷うことはないのだろうが、残念ながらそのようなモノはない。色々と根本から考え直さなければならなかったが、条件は単純だ。

・遮音タイプ
・Bluetooth 4.0 or Higher
・安すぎない
・高すぎない

条件はこの程度である。しかし何日も掛けてAmazonを徘徊したが、それほど選択幅がないことに気づき、結果としては写真にあるJPRiDE JPA1 MK-IIを購入。¥3,999のすべてをAmazonポイントで支払ったため、タダでゲットしたようなもんだ。

使用感、ペアリングも特に問題なく使用開始。使い始めてというか音を聞いて気づいたんだが、通常のイヤフォンは普通にパッシブだが、よくよく思えばこれはアクティブだ。音にそこそこのハリがある。当然、今まで使ってたShure SE215には及ぶはずもないが、これはこれでそこそこいけるのではないかと思った。音声遅延等のベンチマークをしてみたかったのでMacBook Pro(Mid2012)とペアリングして使ってみたが、コイツはダメだった。距離・動きにも弱いしMplayerでタイムラインを飛ばす度に「バツッ」と大きなノイズが入る。これダメじゃん。オレはiPhoneとだけ使うからイイけど。Bluetoothのバージョンによる影響なのか、不明だ。

まるで使い物にならないと結果にはならず買って良かったと思う。「まあ、無線だし」という事前にハードルを下げておく必要もなかったかと。ただ一つだけ、付属のイヤーピースではちょっと遮音性に欠ける。ウレタンのイヤーピースを使ってみようと思う。



ザ・願望

IMG_9398.jpg
中野のイベントでオレが興味あったのはこっちなんだが、娘と二人だしちょっとムリだったな。

最近、音楽から離れてるからこういうの行きたいなあ。

ザ・ハイレゾ

IMG_7950.jpg
同じくコジマで流行のハイレゾ試聴コーナーがあったのでじっくり聴いてみた。音の良し悪しを判断するのは音源ソース。初めて聞く音源を試してもナカナカわからん。普段聞いているモノを試さんと。幸運にも高木里代子のアルバムがUSBメモリに入っていたのでじっくりと聞いた。ナカナカ見事だ。サブウーファーがないのに低いところはしっかり出ているし、なかなかの解像度だ。小さいながらもここまで表現できるのは素晴らしい。うだうだ書くのはまた今度にするw

ザ・パーツ交換

IMG_7549.jpg
先日購入したSUHR KOJI COMP。とにかく最高のサウンドだ、色んなセッティングで使える。一点のみ堪え難いところはカラーリングである。どこかの賭博好きな球団のカラーじゃねえか。これは許せないので早々に改善した。ボディの塗装をするのは手間が掛かりすぎるしそんな技術はオレにはない。ということでノブを交換することにした。クリアのノブはいいな、カッコイイ。これ1個86円。すんごく満足した上に愛着が更に増した。

ザ・道具

IMG_7544.jpg
しょっちゅう使う道具はこっちにまとめた。

ツールボックスって大事ね。

ザ・主題歌

IMG_7517.jpg
MGSVTPPの主題歌「Sins of the Father」を買った。もうホント毎回毎回さ、映画音楽のレベル。MGS3の「Snake Eater」も名曲で間違いない。今回はMGSPWの「Heavens Divide」で歌ってるドナ・バーク。東海道新幹線のアナウンスもやってるらしい。京都に行くとき真剣に聞いてみよう。

メタルギアシリーズの主題歌は毎回ストリングスのアレンジというか煽りが本当にスゴい。勉強したいとことだ。

ザ・電源管理

IMG_7530.jpg
新たにバンドをやることになりそうなので、電源からしっかりしようと思いタップを購入。このパナソニックのがなんだかんだ一番良いらしい。

ザ・残響

IMG_7499.jpg
まともなデジタル・ディレイが欲しくなり、ひたすらWebを徘徊してはサンプルを聞いたりする日が続く。歪み系やプリアンプには散々拘ってきたつもりだが、ディレイってそんなに凝ったことがない。オレが残響系に無頓着なだけだとは思うが、なんかもう燃え上がるモノがないというのが正直なところだ。しかしギタリストにディレイは必須アイテムだ。そこで、このFREE THE TONEのFLIGHT TIMEというディレイはなんと布袋師匠のヘリコプターサウンドをプリセットで搭載しているという情報をキャッチした。突然ディレイに燃え上がること必至となった。布袋師匠のヘリコプターサウンドはRolandのSDE-2500を使っているのでモノホンではない。YouTubeかなんかでサンプルを聞いたところ、FLIGHT TIMEのほうが音にエッジが立ってるイメージ。しかしそれだけに刺激の強い音が出せそうだ。シマムラ楽器へ行き実機を見てみきたが、想像しているよりだいぶ小さい。なんか写真だと大きく構えた印象だったが、タテがMXRのエフェクターよりちょうデカ程度だった。欲しいの一言。

このカテゴリーに該当する記事はありません。