godiac13 blog v2.0

ザ・破砕

IMG_5282.jpg
自宅でかき氷ができれば良いなと以前から思っていたので色々とWeb調査&聞き取り。製品レビューとかを見てドウシシャというメーカーのDKIS-150にした。手動は面倒なイメージだし電動で選択。このシリーズはコードレスのモノもあるが、電池のやつだとパワーに難ありかという印象なのでコンセントから電源を取るタイプにした。

IMG_5286.jpg
そしてスーパーで買ってきたコンデンスミルク。昔は缶詰だったと思うが今はこんなのなんだな。スーパーによって置いてある売り場が違う。コーヒー売り場にあったり、お菓子売り場だったり。結局自分では探せず店員の手を煩わす結果となった。

IMG_5288.jpg
開封すると完全にマヨネーズである。これをサラダにかけてしまったらコトだw 責任の取りようがない。

IMG_5283.jpg
機械のほうに話が戻るが、容器に凍りを詰めて「押しつける」側の機構。マニュアルでは「スパイク」と記載。氷は自宅冷凍庫で作ったモノのみに対応。コンビニで売ってるロックアイスとかではダメとのこと。電動でこれがギャリンギャリン回る。

IMG_5285.jpg
そしてスパイクが回転しながら底面の「刃」で削られて排出される。この刃を見る限りでは「おっ、ふわふわ氷できちゃう?」なんて期待が一瞬高まったのは過去の話。

IMG_5287.jpg
そして、出てきたかき氷はこれである。ふわふわ感はまずないだろう。よくある露店のかき氷と同等といえる。それ以上でも以下でもない。扱いは簡単で氷を放り込んでスイッチを入れるだけ。出てきた氷も想定していたよりは飛び散らないし良いだろう。付録で冷やし茶漬けだのフローズンドリンクだのと料理レシピがついてきた。これはこれで楽しそうなので、気が向いたらやってみようと思う。
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://godiac13.jp/tb.php/4045-5285c872
該当の記事は見つかりませんでした。