godiac13 blog v2.0

ザ・解禁

IMG_7444_20160228192625dfc.jpg
ついに、コンプレッサーを購入。2年前からコンプレッサーを買おう買おうと思い、十数機種を試奏。結局は一番最初に試したKOJI COMPのサウンドが忘れられなくて購入に至った。このSHURというメーカー、オレはまったく知らなかったがGuitarメーカーとして超有名らしい。このエフェクターも実によくできている。

コンプはここ十数年自ら禁止令を出し封印してきた。コンプを使ってカッティングをやると当然抑揚がつかなくなり音が曇る。そして何よりヘタクソが弾いてもウマく聞こえてしまうからだ。コンプは麻薬。これ使う前提でプレイしていると右手がウマくならないという恐怖心から一切使うのをやめた。対バンの連中がコンプ全開で弾いているのを観たやつが「カッティング上手ぅ〜」とかぬかしてるのを聞いて「バカヤロー、そんなのなぁ。Guitarの音じゃねえ。コンプレッサーっていう [エフェクターの音]なんだよ!」と。まあいい。表現は個々の自由だ。

とか言いながらも自分の音に不足を感じていた。あれから十何年も経った。そろそろ解禁しても良いだろうと思うようになった。その昔はコンプもあまり選択肢がなく、BOSSかMXRかCARL MARTINぐらいだったであろうか。布袋師匠も昔はBOSSのCS-2あたりを使っていたはず。布袋師匠はここ数年で何種類もコンプを替えている。2ノブのKeeley COMPから今剛フューチャーのVELVET COMPを使用、その後最近は今をトキめくFREE THE TONEのSILKY COMPを使用している。オレはこのうちのKeeley COMPを試した時、よく分からなかった。VELVET COMPは微妙。なんかツマミをまわしてバリッとかいってたのは故障していたのか? なにより音の立ち上がりがオレの感覚には馴染まず、またコンプの嫌いなところ「曇り」が気になった。SILKY COMPもこれと同系だそうだ。試していない。

買ったKOJI COMPは色々とスゴい。音質は他所のレビューコメントを借りて言わせて貰えばHi-Fiである。そしてコンプのサウンドは色々ある。場面によって使いようがエラく変わるものだ。よくあるエフェクターにいえることは、1場面でしか使いようがないモノが多い。このKOJI COMPはそうではない。あらゆる使い方で[使える音]なのだ。特筆すべきは[Voice]スイッチ。これがスゴい。コンプ突優の鼻づまりサウンドを克服。音を圧縮しているのにヌケる。これは本当に素晴らしい。鼻づまりをやりたい時、それもデキる。ヌケもスゴい。

食べ物で言うと、辛いなかにも甘さを秘めている。女体でいうとスレンダーなのに巨乳みたいなもんだ。しかし、唯一堪え難いところが一点ある。これは克服済みなので次回の記事で書こうと思う。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://godiac13.jp/tb.php/4319-0820dae8
該当の記事は見つかりませんでした。