godiac13 blog v2.0

ザ・品目変更

IMG_7814.jpg

フレッツ光ネクストの契約をハイスピードからギガファミリー・スマートに変更した。無線LANもTime Capsuleの使用をひとまずは廃止し、NTTルーターにひとまとめすることにした。とにかく気になるのは通信速度。ハイスピードは上り100Mbps下り200Mbpsだが、今回は1Gbpsが上限となる。まあ、倍くらいになればいいなと想像していた。回線工事前と後で速度計測サイトRadishでのベンチマークをしてみた。

<有線LAN>
配線の都合上、ホームゲートウェイとの直接接続ではなくハブを1つ経由している。
ホームゲートウェイはPR-400NEからPR-500KIになった。

- ハイスピード 200Mbps -
スクリーンショット 2016-04-09 

- ギガスマ 1Gbps-
スクリーンショット 2016-04-15 

予想を超えて倍以上いったな。しかし、もはやブラウジングとかで体感上の速度向上感はまったくない。

<無線LAN>
iPhone 6でSpeedtestを使用。ハイスピード時ではApple Time Capsule(第4世代)を5GHz、IEEE802.11nでの接続。暗号化なし。

- ハイスピード 200Mbps -
IMG_7750_20160416004343fe4.jpg 

- ギガスマ 1Gbps-
こちらはNTTレンタルのホームゲートウェイ。PR-500KI、沖電気製に無線LAN機能を追加したもので計測。IEEE802.11ac。5GHz帯で接続。暗号化なし。
IMG_7788.jpg 

こちらも倍以上の結果。こちらもMac本体と同様で体感に変化なし。iPhone6sとかなら違ってくるものなのかねぇ。無線LANは工事の前と後では、工事前はチャンネル被りとかもあって環境にギャップはある。とはいえ、有線にしろ無線にしろ計測上では大きく速度向上がみられた。

IPv6フレッツ網の接続速度はハイスピード時代から1Gbps仕様なので、工事前後で数値での変化は当然ながらなかった。しかし、開通当初の600Mbps超えから現在は421Mbpsとなっていて、こっちのほうがよっぽど不思議である。ついでに工事後にTime Capsuleで試したら工事前の結果とほぼ同じ速度であった。回線速度は変わっているのに速度変化がないということは、そもそもTime Capsuleのスループットの限界などではないかと思う。



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://godiac13.jp/tb.php/4376-c5c42243
該当の記事は見つかりませんでした。