godiac13 blog v2.0

ザ・会員限定(B.C ONLY+1 2016)

IMG_8911.jpg
恒例のB.C. ONLY。去年と同じ豊洲PITで行われた。チケット番号は500番台前半だったお陰で早めに入場することができた。今回は東京のみの開催ということなのでネタバレがあっても良いだろう。今回、メンバーが多めでなんとホーンセクションがいる。「fetish」のツアー以来ではないだろうか。1曲目の「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY」からバリバリにホーンの醍醐味が味わえる。選曲もホーンが映えるセットリストな気もするが、いつものB.C ONLYと違って有名な曲が顔を並べる中でも、前半はオレ的超お気に入りの「NEW CHEMICAL」は外れず、何より嬉しかったのは「TRICK ATTACK」を生で初めて聞けたことかな。正直、この曲はLiveでは難しいかもと思っていた。あちこちキマれば超カッコイイのだが、メインテーマとカッティング箇所のギターのダイナミクスのギャップが大きい。メインテーマ箇所は当然ガツンとあって良いのだが、カッティング部分はだいぶ抑えめにいかないとならん。やはりこの箇所に来た時に布袋さんはPAに下げるよう指示を出していたので、やはりと思いニヤリとしてしまった。

使用Guitarは布袋モデル率が非常に高く、前半にゴールドのストラトを使い、度々メタルトップのゼマティス。メタルトップのゼマティスは前半ではいつもと違って音が曇り気味というかマイルド感に溢れてて今ひとつ聞こえづらかったが、後半になるにつれ、いつものソリッドなサウンドに。驚いたのはメインの布袋モデルがドエラく太い音となっていた。機材チェックは難しく、キャビネットがMESA BOOGIEだったのだけは確認できた。GUITARHYTHM再現LiveではKEMPERとピートコーニッシュのシステムを連結させたラックを完成させていたので、この短期間で一新するとは思えないし、どこか細かいとこで改良があったのか? あの太い音は実にスゴかった。とっても真似したい。

ホーンセクションも当然嬉しいが、それよりもザッカリー・アルフォードが帰ってきたのがメチャ嬉しい。何度も書いているが、布袋サウンドに彼は絶対に必要。相変わらず、パワフルでしなやかなリズム以上のものを叩いていた。9月からの全国ツアーも彼の参加を心から熱望するが、どうなんだろう? しかし個人的に「STILL ALIVE」が聞きたかったが、演らず。これは仕方ないが「8BEATのシルエット」はどうしても聞きたかったぞ。まあ、ツアーで絶対やるからいいか。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://godiac13.jp/tb.php/4497-96458db5
該当の記事は見つかりませんでした。