godiac13 blog v2.0

ザ・近距離無線

IMG_9582.jpg
Bluetoothオーディオレシーバーを購入。カーシェア等でBluetoothオーディオを搭載していない車に出くわした時、これが役に立つ。iPhoneに内蔵されているスピーカーからの音は堪え難いし、車内で音がないのもツラい。この機器自体はそんなに高価なモノでもないし、持っていると便利だろうと思い買ってみた。前提としては(1)Bluetooth4.0のもの (2)レシーバーから車内オーディオへはAUX有線 (3)USB給電が多数。というのが条件の中探し、AUKEY Bluetooth オーディオレシーバー BR-C8を選択した。AUKEYは「オーキー」と発音するらしい。つい「エーユーキー」と読んでしまうのは日本人だけだろう。FMトランスミッターにしなかったのはiPhone→Bluetooth、機器からFM電波というダブル無線的な手法が馴染まない。ダブル無線・ダブル劣化というのがどうも気に入らなかったのだ。

ペアリングは簡単。パスコードを求められることもなく、iPad側でONにして本機を選択するだけ。ペアリング成功音がなんとも心地良い。そして、肝心の音質だがまったく問題ないどころかなかなかよろしい。ほんのちょっと高いところがパチッといった気もするが気にならない。っていうか気づいたってことは気になったんじゃねえか。いやいや、十分及第点をやれるよコレは。以前、Apple LossLessをBluetooth経由で再生すると逆ザヤで音質低下の懸念があると書いたが、今回MINI CROSSOVERで再生した結果としては満足のいく結果を得られた。これは他の車だと違うかも知れない。MINIのことだからオーディオシステムに金を掛けてることも想定されるのでそれらは功を奏したのかも知れないからだ。

IMG_9581.jpg
シガーソケットにガッツリ挿し、よくある3.5mmのピンジャックをAUX INへ。USBはレシーバー用に1つ占有されてしまうので、更に2つの空きポートがあるのには高評価。電圧も余裕の3.1A。素晴らしい。

IMG_9583.jpg
難点、レシーバーからUSBとステレオケーブルが1本に束ねられている。ケーブルの取り回しを考慮して1本にしたのかも知れないが、これは分けて欲しかった。そしてレシーバー内部から直に出すのではなく、2本とも個別にジャックにして着脱できるようにして欲しかった。カーシェア等で利用の際、抜き差しが頻繁である以上、ケーブルを傷める機会が増える。このようにケーブル着脱ができないということは、2本どちらかのケーブルが断線したとしても完全に使用不可となるからだ。着脱式にしてくれれば断線しても交換すれば済むが、これはハイリスクだろう。コストや本体サイズを考慮してこうなったのかも知れんが、プラス1,000円してでも着脱式にしてほしかったと強く思う。まあ、常設を前提として作られているとは思うがな。

結論としては、Bluetoothオーディオは使えるということだ。贅沢を言えば無線LAN経由のAirPlayで再生することができれば最善だ。BluetoothでのApple Losslessのネイティブ再生は今のところは不可能なようだし、拘り過ぎてもしょうがない。十分便利だ。本当に拘るのは専用車が手に入ってから考えればいいのだ。
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://godiac13.jp/tb.php/4611-1798bc8d
該当の記事は見つかりませんでした。