godiac13 blog v2.0

ザ・白星なし

SN3J0239.jpg
急に思い立って神宮球場「東京ヤクルト×横浜」へ。天気も良いし、スワローズは開幕から
3連敗と未だ白星なし。こりゃあ応援に行かなくちゃと思ったワケだ。序盤から中盤に掛け
先発の村中は球威・コントロールと申し分なく、ヒットを打たれながらも危なげない投球
内容だったと思う。しかし、どんな投手だって投げりゃ疲れる。味方のエラーをキッカケに
一発を浴び、あれよあれよという間に完全に横浜のペースに。ベンチとしては先発が良い
投球をしていたら、なかなか替えづらいのも分かるが、やはり引っ張り過ぎたようだ。
野球は「流れ」が大事。今日はベンチ側のミスとしか言えないと思う。あんなに流れを横浜
に掴まれて押せ押せのムードになっちゃったら林昌勇を出しても止められないだろう。
勝てるはずの試合だったのに、悪い意味での「守り」に入ったベンチの失策だったと思う。

そして、スワローズは最悪の開幕4連敗。始まったばかりで、順位なんかは気にすることも
ないが、借金が既に4つあるという事実は変えられん。明日は何が何でも勝たねばならん。



ザ・3タテ逃れ

SN3J0216#1.jpg開幕3戦目でやっと初勝利を勝利を収めた千葉ロッテ。打つほうは開幕からそこそこ。3試合共、後半に安打が重なって追い上げに期待が持てる試合展開がある。こういった戦い方は、翌試合につながる。その試合に負けたとしても各打者は良いイメージを持って次の試合に臨めるものだと思う。しかし、投手陣に不安がある。先発はガス欠の雰囲気もなしに突然パカーンと打たれるパターンがあるのは良くない。野村克也氏がよく言っている「理由なしに勝つことはあるが、負けた時には必ず理由がある」と。正にこのことを体言してしまっているのではないだろうか。開幕初戦で成瀬が嶋に浴びた一発は明らかに失投。何も考えずにあの高めのコースに投げたワケではないだろうが、あの場面、打たれるべくして打たれたとしか思えない。後半戦にまだ球威があっても、あのコースはあまりに不用意な球だったのではないだろうか。あの攻めでは、先が思いやられる。

まあ、3タテ喰らわなかったから許してやろうw

ザ・順位予想パ

<パ・リーグ>
ソフトバンク
西武
東北楽天
千葉ロッテ
オリックス
北海道日本ハム

ソフトバンクは補強が功を奏して首位になるのは堅いと思われる。投打のバランスと
総合力どれをとっても最強のチームなのでは。西武もチーム力で力は十分。楽天は
補強もさることながら、東北の意地が出てAクラス。千葉ロッテにもAクラスを狙って
ほしいが、西岡の抜けた穴は大きすぎる上に投手陣に不安が残るところだ。

ザ・順位予想セ

<セ・リーグ>
中日
阪神
東京ヤクルト
巨人
広島
横浜

中日は相変わらず堅実な野球で良い成績を残すだろうし、阪神は持ち前の勢いが怖い。
ヤクルトは希望的なものが強いがAクラスは死守してほしいところ。そして巨人をB
クラスへ導いてほしい。広島・横浜はドングリかと思われる。しかし、まったく予想
のつかないのがプロ野球の面白いところ。震災で遅れての開幕となったが、我々を楽
しませるプレイを是非、見せてほしい。

ザ・博物館

SN3J0122.jpg
日本シリーズ第5戦入場の前にちょいと時間があったので、マリーンズ・ミュージアム
立ち寄ってみた。ベンチやブルペン、ダッグアウトとモノホンを忠実に再現しており、
なかなか楽しめた。



ザ・下克上

SN3J0129.jpg誰も想像することのできなかった結末。まさかの第8戦の可能性をギリギリまで残して今シリーズ、3度目の延長戦。史上初のリーグ3位からの日本一、本当によくやった。もう選手はボロボロでしょう。ポストシーズンの長い長い戦いを経てやっぱり地元胴上げからは縁遠い。投打どちらもフル回転だったが、シリーズの安打を数えてみたら76本。こりゃあスゲえ。よく打った。投げる方は内がスゴい球投げてたね。あのスライダーは打たれないでしょう。来季はクローザーの可能性も。そしたら小林宏之は先発に返り咲くのかな? とにかく、日本一おめでとうございます。逆に中日はここ一本が出ない試合が続いて力尽きたかんじだね。第6戦に関しては勝てる試合をみすみす逃してしまったと思う。これは悔いが残るだろうな。しかし、スリル満点で予測のつかない展開。本当にスゴい試合ばかりだった。観てるこっちが苦しかったわ。

これだから野球は面白い。

ザ・ド延長

SN3J0133.jpgこりゃあもう選手はヘトヘトでしょう。まさかが重なり延長15回引き分け。どちらも決定打が出ない。しかし、ドラゴンズは延長戦毎回ランナーが出ているのにあと一歩及ばず。こりゃかなりひでぇ。あれで決められないんじゃ日本一も難しい。引き分けに持ち込んだマリーンズのほうが断然雰囲気が良いだろう。しかし、日本シリーズらしからぬ犠打失敗合戦は頂けない。観てるこっちは「もう打たせりゃいいじゃん」と思ってしまう。こんなんじゃもうさっさとマリーンズが決めてしまっていいんじゃないか?

もう、決めてしまえ。

ザ・連打

2010年日本シリーズ第5戦 千葉ロッテマリーンズ×中日ドラゴンズ

SN3J0145.jpg
極寒の幕張、千葉マリンスタジアムまで行ってきました。今季、何度かマリーンズの試合に球場に足を運んだが、マリンスタジアムは今季初。昨夜のイヤな負け方をしてこっちは完全に意気消沈。崖っぷちで成瀬を使ってなんとか一つ取りに行くかと思いきや、大方の予想通り先発はペン。もう試合前から完全に諦めておりましたわ。1回表にあっさりと犠牲フライで先制され、更にイヤな雰囲気が募る。しかし、その裏の昨夜のうっぷんを晴らすかのごとく5連打猛攻で4点。こりゃスゲえ。当たりだすと止まらないマリーンズ打線が初回から復活。投げるほうで心配だったが、4回裏のサブローの2ランでほぼ試合を決定づけたがまだ止まらない。この打線、恐ろしいわ。日本シリーズて1点を争う、息を呑むゲームが多いが今シリーズはやたら三塁打が多いし、ガンガン打っていく試合ばかりだ。ほとんど一方的に打って、気づけば15安打10得点。本当に乗りに乗った状態で名古屋へ乗り込むことができる。しかし、井口は本当にスゴい。このシリーズ5割近い打率で実に安定している。そしてシリーズ男の今江とラッキーボーイのルーキー清田。ここいらへんがフル回転して良い成績でチームを引っ張っている。後は里崎の復活を待つのみ。成瀬と渡辺俊介で本当に日本一が見えてきた。しかし、中日はこのシリーズで持っている力がまったく出ていないように見えるが、どうなんだろう?

ザ・先勝

2010年日本シリーズ第1戦 中日ドラゴンズ×千葉ロッテマリーンズ
SN3J0108.jpgマリーンズはクライマックスシリーズの勢いを止めずによくやった。これ以上ないという試合展開を初戦からやってのけたのは素晴らしい。名手・荒木が犠打を失敗したように、日本シリーズというのはよく「魔物が棲んでいる」と言われ、独特の緊張感に大抵は打線が沈黙しがちなものだ。13安打、これは猛攻と言っても過言ではない。しかし、1番の西岡と2番の清田が二人合わせて10打席のうち、出塁が3つというのはちょっと寂しい。清田の同点ホームランはもちろん大金星だが、もう一つ粘りが欲しいとも感じた。二人は3安打しているのはもちろん見事だが、四球を選びとにかく出塁を増やすことが先決だと思う。相手の嫌がることをもっともっとやっていってほしい。そしてこの勢いを止めることなく、良い戦いを見せてほしい。成瀬の降板は中4日での第5戦先発を見越してのことだろうか?

写真は日本シリーズにはまったく関係のないコロ助。(仙台でGet!)

ザ・鬼門

SN3J0088.jpgパ・リーグのクライマックスシリーズが終了しました。またもやソフトバンクがトラウマとなる悲惨な結末。杉内は過去CS勝利投手となったのはたったの1回。アドバンテージがあり、全てのゲームがホームでの開催だというのに結果として惨敗してしまった。こりゃもう悲惨過ぎる。いくらなんでもそりゃあないだろう。オレはマリーンズが勝って嬉しい気持ちもあるが、そもそもはペナントレースを勝ち抜いた首位チームが日本シリーズに出るべきだと思っている。だからこそ、優勝チームとしての底力というものを出さなければならないのではと思う。このクライマックスシリーズは消化試合が少なくなり、大いに盛り上がり観ていて面白いのは間違いないが、やはり2位チームが、ましてや3位チームが日本シリーズに出場するのはなんだが心に引っ掛かるモノがある。首位で終えたのに最後の最後であんなにツラい思いをしなくてはならない、この勝負の世界というのは本当に厳しいものだ。ひょっとしてソフトバンクには「ロッテには勝ち越しているし、なんとかなるだろう」ぐらいにナメていたのだろうか? それにしてもソフトバンクにとってクライマックスシリーズは確実に鬼門であることは間違いないだろう。

逆にマリーンズ、史上初の3位で日本シリーズ出場。本当によくやったと思う。ファーストステージから本当に調子を上げ、チームの勢いをそのまま福岡にもっていけたと思う。もう本当に成瀬様様なのだが、打つ方も見事だった。1打席1打席を本当によく粘っていた。アレはもうチーム全体としてのファインプレーだ。打撃コーチの指南もあったとは思うが、実践することはなかなか難しいことだろうし、打者の思いが出ていたと思う。さすがパ・リーグチーム打率トップの実力。恐らく、日本シリーズでは中日ドラゴンズと戦うことになると思うがだいぶ苦しい戦いになるだろう。CS同様、ダメ元でいくしかないだろう。

このカテゴリーに該当する記事はありません。