godiac13 blog v2.0

ザ・先行シングル

DSC00999.jpg
ニューアルバムのリリース前、先行シングル「Don't Give Up!」を購入。発売日にiTunes StoreでDownload購入はしていたが、盤で買っていなかったので改めて。MISIAの時も書いたが、サウンドは生そのものでどのGuitarを使っているかが実に判りやすい。シンプルイズベストとはよく言ったものだ。

アルバムの予告編となる本曲は、あくまでオレの個人的印象だが「GUITARHYTHM IV」に近いと感じた。あの時は確かロンドンに単身赴任して作ったとかいうのを思い出してみると、PVもロンドンをド満喫!って感じだし、作風に現れているのかはニューアルバムを聞いてみないと分からない。なんにせよ新作が楽しみだ。

ここのところツアー参加サポートメンバーに不満があったが、ザッカリー・アルフォード大先生がメンバーとして参加するのは何より大きな朗報だ。彼は同期モノでもズレないし、パワフル&タイト、そして原曲のイメージを崩さずにバージョンアップをしてしまう能力を持ち合わせている。そこがスゴい。NHKホール公演の際には、是非ともじゃんがららあめん全部入りを久々に堪能してもらいたいものだ。


ザ・バラード

DSC00996.jpg
遅ればせながら、Back In Love Again(feat.布袋寅泰)を購入。PVが収録されたDVD付のやつを選択。MISIAって人はよく知らないのだが、歌唱力の高さに驚き。曲も期待以上で壮大なバラードとなっている。

PVに布袋師匠も出ているが、バッキングは明らかにZEMAITIS、ソロはストラトの音なので、コード弾き箇所をストラトで鳴らしているのに若干の違和感がある。まあ、PVはどんな作品であっても当て振りだし仕方ないのだ。つまり、師匠のサウンドは益々生っぽくなっていて、どのGuitarを使用しているか非常に判りやすい。ということを言いたかった。

BONUS映像で、制作の一面も見ることができたのがスゴく嬉しい、そして大変に興味深いものであった。以前から、レコーディング風景等は映像で見る機会はあったものの、シンガーとディスカッションしているような一面は今回初めてだ。大変、勉強になった。大満足。

ザ・ももいろ

SN3S0786.jpgええ買いましたよ。布袋師匠の作曲ですから。結構気に入った。楽曲&サウンド的にはDOBERMAN時代な感じがオレは好きだ。

ザ・草

SN3S0608.jpgはい、関係ありませんね。

失礼しました。

ザ・リマスタリング

SN3S0660.jpgオレの永遠の名盤、COMPLEXの「ROMANTIC 1990」のリマスターが出たので買ってみた。聞いてみて明らかに違う。これはスゴい。20年以上前の作品がこのように息を吹き返すのは驚きだ。わざわざ「イアン・クーパーがリマスタリングしました」と記載があるのだが、COMPLEX作品は違う人がやってたんだな。オレら素人でもロンドンのメトロポリス・スタジオにWeb経由でマスタリングの依頼ができる。ちなみにイアン・クーパー氏を指名すると一曲2万円くらいだった気がする。いつかはオレも頼んでみたい。

ザ・信者限定2012

SN3S0629.jpg”B.C.ONLY2012”品川ステラボールへ。今回は+1ということで、オレの中で唯一認めることのできる信者と行ってきた。一日2ステージというジャニーズばりの体力勝負。オレは夜に行ったが、疲れもあるのかトークが長く笑えた。演奏はもう言うことなし! 年々、歪みが抑え気味になっている気がする。更に細かい音を聞くことがデキてすげぇ満足。そして、更に師匠のウマさを再認識。もうある程度のところまで登り詰めた感がある。今年はこれで見納めだが、来年は3月から全国ツアーもあるというニュースもあった。オレとしてはオリジナルアルバムを引っさげてやってほしいものだ。

ザ・後発

SN3S0333.jpg「COMPLEX 日本一心」のBlu-rayが届いた。DVD版も買っていたので内容的にはダブってしまうのだが、目的はオマケCD。Blu-rayはは1日目だがCDは2日目。同じセットリストで全然違うことをやっちゃう布袋師匠はやっぱりスゴい。もうモノすごく堪能できた。いちいちコピーしたい。それにしても「LOVE CHARADE」の最後、1日目の吉川晃司の歌詞をまるっきり間違えて歌っているのは物言いがついたようだな。一番好きな曲だけにあれだけは納得ができなかったが、2日目は憶え直したようだな。まあ許そう。

ザ・オーケストラ

SN3S0108.jpg
布袋さんにとって区切りのLiveともなる"GUITAR × SYMPHONY"を観に日本武道館へ。座席は運良くアリーナの7列目だった。武道館は数々の思い出深い場所。COMPLEXを初めて観たのも武道館だし、その後あらゆるLiveを武道館で観てきたが、今回はオーケストラをバックに演奏するという、今までとは全く違う内容なので、観に行くこちらも緊張してしまうほど。生楽器との調和やサウンドバランス、PAへの回線が多いほど条件は難しくなるしオーディエンスもいつものノリとは違うので戸惑いもあったようだ。

演奏が始まってしまうと、そのような不安感を一気に払拭すべく超完璧な演奏だった。もう、オレ的には想像を数十倍超えていた。普段、耳にしている音域を遙かに超え、そして、呼吸をすることすら忘れるほどの完璧さ。空気さえ支配していた。オーケストラってすげぇ。彼らにしてみたら当たり前なのかも知れぬが、あんな大勢いるのに超ピッタリ。もう、こんなに感動したことはない。選曲も素晴らしい。オレの好きなシングル曲をやってくれてすんごい嬉しかった。正直、侮ってました。

東京ニューシティ管弦楽団の皆さん、ありがとう!
お陰で、オーケストラの素晴らしさの片鱗を味わうことができました。

そして、指揮者のサイモン・ヘールがスゴくカッコ良かった。

ザ・シェル

SN3S0014.jpgB.C.からバースデイカードが届いた。ZEMAITISの表面のシェルをモチーフにした表紙。キラキラしてて実に良くできてる。これは嬉しい。

ザ・車内プロモ

SN3S0856.jpgなんと、山手線内にも登場。こりゃあ気合い入ってるな。

盗もうとしたが、仲間に止められた。

このカテゴリーに該当する記事はありません。