godiac13 blog v2.0

ザ・旧盤

SN3J0008.jpg「トロン:レガシー」を観る前に旧作の「トロン」を観ておこうと思い、Amzonに注文。なんと¥982で買えた。公開当時、オレは10歳なのでストーリーを全く憶えていない、というかガキだったから話を理解していなかったのだと思う。ただ、あの斬新な映像はとても新鮮で夢中になって観ていたのは憶えている。改めて観たらやはり面白い。当時のプロモーション的なマスコミの宣伝文句は「1秒間の映像作成に200万〜300万」とかいう作品にはどうでも良い事を第一に書かれていた。やたらとスペックを語り、余計な先入観を持たすのは、今の世の中とまったく変わっていない。大事なのは作品を観てどう感じるかだと思う。香港映画で拳法家が跳ぶとき、ワイヤーが見えてしまっていてもオレは良いと思う。それらを生み出すアイディアと表現力。それで十分じゃないか。ゲームだってそうだ。色数が少なくても、音がチープでも、それはそれで味わい深い物があり、十分楽しい。テクノロジーは大枠や味付けに留めておかないと溺れることになる。そして次世代へ受け継ぐものがあれば、それで良いと思う。この「トロン」がなければ「マトリックス」は生まれなかったなかったかも知れないし、「トロン」も「STAR WARS」がなければもっと別のモノになっていただろう。要は人間の想像力と表現する情熱、そして観た人間が何より楽しめるかどうか、ということなのだ。

オレ、今年初めていいこと言ったな。

ザ・野望編

SN3J0198.jpgSP 野望編」を観てきた。TVドラマで久々に夢中になって観ていたので、映画が楽しみでしょうがなかった。このドラマは他にはない独特の緊張感があって実にイイ。主人公の持つ特殊能力が妙にリアル。上司役の堤真一はどの作品で観てもカッコイイがこの作品では特にハマっている。とSPには数々の魅力がある。この後には「革命編」も用意されているらしいので、結末はまだ分からない。野望編を観た限りでは、まあまあ満足。TVから映画にすると、よくあるのがやたらと金をかけてしまい、世界観が変わりすぎてしまうことが多く、落胆してしまう。しかし「SP」はそこいらへんがウマく(予算がなかったのかも知れんが)作られていて良かった。アクションシーンがかなり多く、脚本的にどうなのかとも思うが、次作がある以上、革命編を楽しみに待って答えを出すこととしよう。

TRON:LEGACY」も早く観たいな、みたいな。

ザ・悪人

outrage_wp_01_1024x768.jpg日曜日に北野武監督の「アウトレイジ」を観てきた。Webで予告編を拝見し、観たくてしょうがなかった。しかし、観た後の感想は「つまんねぇ映画、二度と観ねぇ」だった。末端の暴力団組員同士のやりとりが妙にリアル過ぎて興醒め。映画という枠に存在しながらも煌びやかさに欠け、またグロさにフォーカスが当たり過ぎた前評判にも惑わされた側面も否めない。鑑賞の翌日、オレは周囲の未だ観ていないだろう人間には否定のコメントしか残さなかった。「観なくていいよ」と。

しかし、ちょうど映画を見終わった24時間後くらいに「もう一回観てぇな・・・」と思ってしまうようになった。今までにない感覚。そしてこれを書いてる今も、もう一度観たいと思っている。なんなんだ・・・。オレが「アウトレイジ」に対して良く思えなかった点は、もちろん制作側の意図してのことらしいが、内容が分かり易すぎる。これは難点、間違いない。そして先が読めてしまうことがよくあった。逆に面白いところはキャスト。「全員悪人」というキャッチフレーズはタイトルに使ってもいいんじゃないかと思えるほど、役者さんがカッコイイ。全員ハマり過ぎ。特に椎名桔平と三浦友和はサイコーにカッコよかった。他の俳優も名演である。これに出てる人達、みんな何気に悪役大好きなんじゃないの?

ここが、もう一度観たいと思う理由、なのか、な?


ザ・異文化

SN3J0523.jpg新宿松竹跡地のピカデリーで「ダーリンは外国人」を鑑賞。原作を知っていたので楽しみだった。劇中、急に実在と思われる日外カップルのアンケート回答とか面白い。しかし、もっと原作にあるような小ネタをタップリ観たかったな。

井上真央、いいなw

ザ・サントラ

SN3J0422.jpg「WALL・E」のサントラをゲット。映画作品が気に入ると、どうしてもサントラ盤を買ってしまう。サントラといっても、有名アーティストの楽曲ばかりを詰め込んだサントラはつまらない。どんな小曲ももらさずに映画でしか使われていない音源が本当のサウンドトラックといえよう。

しかし、Amazonは送料無料でしかも翌日に到着するから重宝するのう。iTunes StoreでDownload購入ももちろん便利だが、AppleロスレスでエンコードしたいとなるとやはりCDで買うほうが満足度が高い。

ザ・三次元

SN3J0341.jpg映画「アバター」を観に行った。映像の綺麗さがハンパじゃない。序盤は三次元映像に慣れず、映像に見とれて字幕を見落とすこと数回。実写とCGの見分けが難しいほどよくできていた。カメラワークが自然。よくCGものは映像がまったくブレないので逆に不自然なことが多いがこの作品は完璧といえるほどリアリティーが高かった。DVD版ではカット部分が収録されるらしい。ところで、この3Dメガネって使い終わるごとに消毒してくれてんのか気になった。

ザ・韓国版

ピクチャ 1.pngなに!? ソン・イェジン様が「白夜行」だと!

それは気になる。

ちなみにオレはTVドラマで綾瀬はるかがやってた「白夜行」の渡部篤郎のモノマネが得意だ。

ザ・3人目

840978807a551d8ff1aceb54e14e2a02.jpg3人目の彼女シリーズ「僕の彼女はサイボーグ」を観た。主演の綾瀬はるかが元々気になっていただけに期待が上昇していた。監督のクァク・ジェヨンさんの作品、特に彼女シリーズは冒頭は必ずくだらねぇ〜ってぐらいにバカバカしい。しかし、物語を進むにつれてグイグイ引き込まれる。今回も裏切らずにそのパターン。ナカナカ面白い。綾瀬はるかも魅力タップリだった。しかし、最後の無理な辻褄合わせにちょっとアレだな。満足はしたが1作目の「猟奇的な彼女」を越える作品はやっぱないな。。。

ザ・長編

昔っから観たかった映画「アマデウス・ディレクターズカット版」を観た。モーツァルトの生涯、宮廷音楽家との因縁が描かれた作品。モーツァルトがどれだけ才能に溢れた芸術家であるか、片鱗をリアルに見ることができた気がする。3時間という長編だが、ひとときも飽きさせない内容で1時間半くらいにしか感じなかった。これが映画という総合芸術の構成力なのか。それともドキュメンタリーチックな表現が映像とのマッチングによる勝利なのかはわからないが、映画は娯楽という概念を一掃してしまうほどのパワーがこの映画には収められている。期待以上の作品だった。映画を観た後、モーツァルトの楽曲に対しては興味が湧くばかりだが、なぜかオペラを観ようという気にはならない。今までクラシックに触れる機会は皆無であったがiTMSで購入して聞いてみようと思う。

ちなみにオリジナル版を観ずにディレクターズカット版を観てしまったため、どこが追加映像なのかわからず、その部分に関しては感動を得ることができなかった。

天才は傍目に滑稽だが、芸術に目覚め、人より早く逝く。
オレの身近にいた天才もそういう奴だった。

ザ・胸痛

The World of GOLDEN EGGS Vol.01レンタルで映画「誰にでも秘密がある」を借りた。オレはへそ曲がりなので冬ソナブームに便乗するのが嫌で今まで韓国映画はチョン・ジヒョン様が主演しているものかソン・イェジン嬢が出てるものしか観てこなかったがチェ・ジウも実に魅力のある女優さんであることは理解したが、この借りてきたDVDに山ほどトレーラーが入っていた。そのド頭に入っていたのが「The World of GOLDEN EGGS」だ。これがおかしすぎるwww アニメーションなんだけどCGっぽい感じ。普通のアニメと違い、どうも声を入れてからキャラの口の動きを合わせているようだ。そしてなぜか英語の字幕が入っている。もうなんていうかオレにはものスゴくツボに入ってしまい、笑いすぎて胸が痛くなったのは生まれて初めてだ。MTVやキッズステーションで放映してるらしい。普通に地上波で放映してたら毎日でも観るのになー。もう思い出しちゃ笑っての繰り返しだよ。誰か助けてくれw

このカテゴリーに該当する記事はありません。