godiac13 blog v2.0

ザ・新モデル

IMG_1056.jpg
HONDAが新しくてとっても高い車を発表したらしい。青山のショールームへ。

アタシみたいなトーシロにはよくわかりません。

AT限定免許だし。

ザ・試乗(MAZDA CX-5)

IMG_0326.jpg
MAZDAのCX-5がタイムズカープラスの新宿サブナードにあるのをずーっと気にしていた。タイミングを見計らい2時間だけ運転してみた。こういう時、車だからここに行こうとか土地勘はあってもまったく思い浮かばない。仕方が無いので神宮球場まで行って帰ってきた。このCX-5はオレが気にしていた新型ではなく、一世代前のモノだったようで感動もなく、また特に楽しくなかったというのが正直なところだ。

ザ・動力

IMG_0098.jpg
まだまだ続く自動車ネタ。あれこれ乗っていたが、コンパクトカーで乗っていなかったHONDAのフィット。用事があった場所から遠くないところにタイムズカープラスのステーションがあったので、試乗気味に乗って買い物へ。ここは駐車してある場所が奥の角で初心者のオレはかなり苦戦した。駐車場敷地内にバックで入っていけば良かったと気づいたのは返した後だった。とにかく細かいことは分からんが、エンジンが優秀だと感じた。他メーカーではないスムーズな回転が右足で分かる。もはやこれって痛風予防になるんじゃね?と思えるほどだ。こうビギナーが感じられることって重要なことだと思う。どんなジャンルであれ熟練者との評価とは絶対に一致はしないはずだし、正しいかどうかなんて誰にも決められない。運転者にフィットするかどうかなのだ。

お後がよろしいようで。

ザ・堅忍

IMG_9967.jpg
福岡でMAZDA CX-5の試乗体験やってた。本気で試乗したかったが堪えた。特にMAZDAというメーカーに思い入れはないが、ここの赤は素晴らしいね。

ザ・試乗(SUZUKI)

IMG_9785.jpg
久々の投稿、試乗シリーズ。今回はカーシェアで新入りがあったので単純にそれを借りて乗った。だから販売店的なところではない。しかしアレだ、ディーラーの試乗とかだと運転できるのは20分そこそこ。MAZDAは8時間乗られる豪気な試乗だったが、大抵はそんなもんじゃない。ハッキリ言わせてもらうが、20分そこそこの運転じゃ「印象」だけで終わるっちゅの。胸張って言うが、こちとら免許取得5ヶ月だぞ? ちょいと乗っただけじゃあわからんっつの。

運転したのはソリオというコンパクトハイトワゴンというジャンルだそうだ。SUZUKIの車はこれで2種目だ。どうもスイフトの悪印象が頭から離れない。まず見た目、確かに小さいが背は高い。乗ってみると広々とした空間だ。こりゃ後部座席でお手玉がデキるレベルでなかなか快適。運転席からの見晴らしも実に良い。実際に運転するとステアリングが軽い、モノ凄く軽いのだ。クルクルクルクルって回る。ゲーセンの筐体かと思ったわ。なんでそんなクルクル回さなきゃならんのか。全然、曲がらないのだ。これは正直焦った。いつもいつも運転しているMINI CROSSOVERはエラく機敏で、その感覚で運転するもんだから面食らった。カーブで曲がらないもんだから焦る焦る。そして、ギアが正面にあるのが難あり。手首を反らさないといかん。谷啓師匠の「ガチョーン」状態。これはやりづらい。と文句ばかりになってしまったな。運転してみて車体の軽快さは感じて取れた。これは作り手側の主旨に沿ったモノであろう。しかし、これで高速に乗ったらどうなるのか想像するだけでも結構怖い。それはオレの運転が未熟だと言われてしまえばそれまでかも知れんが、未熟なやつでも運転はする。そしてこちらがいくら気をつけても横なり後ろなり突っ込まれたら車体は結構ヤバいと思う。コンパクトカーでここまで広々と乗られるように開発したのはお見事だが、ウチにはちょっと・・・といった感じだ。

ザ・中古車

IMG_9691.jpg
仲間に中古車屋に連れてきてもらった。展示在庫数に驚き、1,000台くらいはあるのだろうか? 当たり前なのかも知れんがあらゆるメーカーのあらゆる車種が所狭しと並んでいて、足を踏み入れたことのないオレにとっては新鮮だった。そしてどの車も好きに入って良いというスタイルは自由度が高く、気兼ねせず車に接することがデキるのはド素人のオレにはとても都合が良い。脳内候補車は、日産エクストレイル・マツダCX-5にMINI CROSSOVERなんて妄想の日々。その中でもCX-5は走っているのを見たことは何度でもあるものの、車内に入ったことはなかった。チャンスとばかり乗り込んではみたが、内装はエクストレイルに軍配が上がる。運転してみたいとは思うが買いたいとは思わないだろうな。しかし、運転席からの視界は実に良好だった。

写真はポルシェのカイエン。このカイエンという単語を聞く度に、カイエンペッパーを思い浮かべるのはオレだけではないはずだ。ポルシェのSUVなんてスゴい。そして恐れることなく運転席に座ってみたが素晴らしい。国産メーカーのSUVとは一線を画しているどころか、もはや別物。価格差もハンパじゃないが、内装もハンパじゃあない。実に美しい。

で、だ。長きに渡り、SUVだけに注目していたが本当にそれは正解なのか?と思うようになった。どれも後部座席が狭いのだ。運転席なんて狭くて問題ない。なるべく広い視界を確保し、車高が高いほど良いと勝手に思っている。後部座席はこれ以上広がらないモノなのか。と思ってる中、セダンタイプを勧められ、後部座席に座ってみるとエラく広いじゃないか。それなら更に広いモノはとなると、ワゴン車となる。エルグランドだのアルファードだの座ってみると更に広い。天井が高く、座ってもゆったり過ぎるほどの余裕なスペース。ここでお好み焼きできんじゃんって思った。セレナやステップワゴンはどうなんだろう? 今まで、運転席に座って試乗とかしていい気になっていたが、後部座席は大事じゃん。色々脳内リセットが必要なのだろうか? 

ザ・薬物服用

IMG_9722.jpg
単調な高速道路は必ず眠くなるので、ドーピングの準備をしておいた。

眠眠打破<強強打破<激強打破

らしい。効果は十分にあった。

が、夜にヘンな夢をみた。

ザ・サービスエリア

IMG_9693.jpg
家族で箱根へ。初の長距離運転。免許取得してもうすぐ半年というメモリアル関門といっても過言ではないだろう。いつものちょっとヘタり気味のMINI CROSSOVERで片道およそ100km。東名高速も初。途中、休憩を想定していた海老名サービスエリアへ無事到着。ここはエラく有名らしく、ここ目的に訪れる人もいるとか。喫煙所でJTのキャンペーンガールのアンケートに答える余裕も見せ、小休止をした。

ザ・近距離無線

IMG_9582.jpg
Bluetoothオーディオレシーバーを購入。カーシェア等でBluetoothオーディオを搭載していない車に出くわした時、これが役に立つ。iPhoneに内蔵されているスピーカーからの音は堪え難いし、車内で音がないのもツラい。この機器自体はそんなに高価なモノでもないし、持っていると便利だろうと思い買ってみた。前提としては(1)Bluetooth4.0のもの (2)レシーバーから車内オーディオへはAUX有線 (3)USB給電が多数。というのが条件の中探し、AUKEY Bluetooth オーディオレシーバー BR-C8を選択した。AUKEYは「オーキー」と発音するらしい。つい「エーユーキー」と読んでしまうのは日本人だけだろう。FMトランスミッターにしなかったのはiPhone→Bluetooth、機器からFM電波というダブル無線的な手法が馴染まない。ダブル無線・ダブル劣化というのがどうも気に入らなかったのだ。

ペアリングは簡単。パスコードを求められることもなく、iPad側でONにして本機を選択するだけ。ペアリング成功音がなんとも心地良い。そして、肝心の音質だがまったく問題ないどころかなかなかよろしい。ほんのちょっと高いところがパチッといった気もするが気にならない。っていうか気づいたってことは気になったんじゃねえか。いやいや、十分及第点をやれるよコレは。以前、Apple LossLessをBluetooth経由で再生すると逆ザヤで音質低下の懸念があると書いたが、今回MINI CROSSOVERで再生した結果としては満足のいく結果を得られた。これは他の車だと違うかも知れない。MINIのことだからオーディオシステムに金を掛けてることも想定されるのでそれらは功を奏したのかも知れないからだ。

ザ・後部座席

IMG_9588.jpg
カーシェアでMINI CROSSOVERを借りて後部座席が前に傾いていた。直そうとしたが動かすためのレバーが見当たらない。座席の真下は前後させるためのモノだし、いくら探しても分からない。マニュアルを開いても前後の方法やヘッドレストの上下は記載があるが、シートのリクライニングについては一切記載がない。仕方なくコールセンターに電話。オレはコールセンターとかいうところに電話するのが大嫌いだが、時間が迫っていたので仕方なく掛けて説明。しばらく保留されてシート腰あたりのストラップ的なモノを引っ張ると動かせること判明。知らないオレがマヌケなのだが、マニュアルにもタイムズカープラスの動画にも触れられてなく、これらのサポートが万全だったとは言えないだろう。

このカテゴリーに該当する記事はありません。