godiac13 blog v2.0

ザ・ブランド

IMG_1811.jpg
納車時にディーラーから貰ったブランケット。MINI純正だな。MINIはブランド価値が高い。イメージ戦略というかアプローチがAppleにスゴく似ていて実に好ましい。それは初めてディーラーに行った時に強く感じた。だからグッズ類も拘りがあって金がいくらあっても足りないブランド蟻地獄に引き込まれるのには十分過ぎる華やかさだ。これからはMINIグッズ記事が増えると思うぞ。

ザ・納車

IMG_1890_20180603232440d37.jpg
ついに、やっとカーシェア生活を脱し納車となった。初めてのことだったが、そんなに面倒なこともなかった。恐らくは限られた予算の中でオプションを選択するのがもっとも時間が掛かり悩ましいことなのかとも思う。このBuckinghamは最初からオプションが決められていて、色々と後付がデキないようになっているため、その手間は省けたのだと思う。ナビゲーションシステムも付いているし、走行速度を固定できるクルーズコントロールや緊急ブレーキもデフォルト。嬉しいのはライト類がLED。安全のため、ドライブレコーダーや駐車時に使うリアカメラはオプションとして付けた程度だ。

MINIの看板でいうところの「ゴーカートフィーリング」にもちろん文句はないが、先代のR60クロスオーバーと比べると大人しめになった気がする。先代はハンドルの遊びがほとんどなかったが、NEW CROSSOVERは若干の遊びがあり、少し歩み寄った感が否めない。いいのか、それでw とにかく、色んな車を借りて乗るとどれも感覚が違って乗る度にそれに合わせて運転しなければならないことから脱することが助かる。そして借りた車は当然返しに行かなければならなかったが、これからはそれもない。何より一番好きなメーカーの車を入手デキたことが嬉しくてたまらない。納車前は嬉しくて眠れなかったけど、前日はディーラーまでの道をカーシェアでクロスオーバー借りて練習しておいた。納車直後にドカン!なんてことがあるらしい。一息ついてからサンリオピューロランドまで嫁娘を迎えに行った。

ザ・色選

IMG_1799_201806032324290ee.jpg
とにかく国産車と金額的な差は金利であることに気づく。その差は歴然。日産とMINI、MINIのほうが70万円高いのに、月額は日産エクストレイルのほうが3万円近くも高い。え、そんなに毎月払えないという金額だった。見積をもらった時の日産の金利は4.9%。MINIは1.98%。金利がこんなにもインパクトするなんて想像もしていなかった。というワケで嬉しくもMINIに軍配が上がった。

そして、悩むのが車両の色だ。その昔、世田谷のディーラーに行った時に聞いた話だが「買う人、みんな最後の最後まで色に悩みますよ」っていうセリフが印象に深い。MINIはよそのメーカーに比べて、色の選択肢が多いようだ。しかし、ウチが買うことがデキるのはBukinghamという特別仕様車なので4色からしか選べない。そしてルーフの色もボディと同色という縛りがある。

写真の赤、なかなか素晴らしい。正式には「チリ・レッド・ソリッド」。ソリッドカラーは2色赤と白。赤はMAZDAのソウルレッドクリスタルメタリックはもっともイイ色だとも思う。そしてナゼか隣家のBMWが赤ということでパス。なんなんだその理由。
※写真のチリ・レッド・ソリッドはルーフが黒。Buckinghamではなく、クロスオーバー クーパーSDである。

ザ・航行

IMG_1726.jpg
で、車両選びに安全性能を重視と書いたが、もっとも重要視しているのがナビゲーションシステムだ。カーシェアなどで搭載されているナビは必要最低限といった感じで、画面は小さいし画面解像度は低く、タッチパネルの反応は悪い。そもそもタッチパネルなんかにする理由が理解できない。どうせ「直感的な操作がユーザーの満足度を」とか思ってんだろ? 今どきの民衆はなあ、iPhoneっつう最も反応の良いタッチパネルを使ってんだからそれ並みの反応じゃないと逆にストレスがたまるんだよ。そしてもっともオレをイラつかせるのがフォントだ。ギザギザの低解像度モニタにダサダサのフォント。この見づらさは運転ストレスにも直接影響するとは考えないのか。

と、普段から耐え難い不満を持っていたからMINIの純正ナビゲーションを見た時の衝撃は忘れられない。コレは素晴らしい。高解像度でタッチパネルの反応もそこそこ。そしてこの滑らかなフォント。TrueTypeフォントかよ! これはMINI選択への炎を更に燃え上がらせた。この世にコレより素晴らしいナビゲーションシステムってあるの? 純正は純正だが、専門メーカーに作らせているらしい。んで、デザインはMINI、とのこと。ハラショー!

ザ・転換

IMG_1724_201805281256049f1.jpg
日産の見積もりで目の玉が出た。逆にコレが功を奏すかも知れない。以前はMINIのディーラーから電話をもらっていて「エクストレイルに決まっちゃいました~」と一旦は断った過去があるものの、別にディーラーの敷居がまたげなくなるワケではないだろう。そして、紹介してもらったのが、写真のMINI CROSSOVER Buckiinghamだ。なんと良い響きなのだろうバッキンガム。罰金は取らないでくれ。そしてこの美しさ。なんなのよこれ。

しかも、一番安いグレード「MINI CROSSOVER ONE」にオプションを最初から付けてある特別仕様車である。これがもし、ディーゼルエンジンのCooper DやPHEV使用のCooper SEなどになってしまうと車両本体価格がハネ上がってしまうのだがこのBuckiinghamは違う!もうテンションがドMAX!

「え、コレ良くね? コレじゃね? コレだろ? もうコレ!エクストレイル? 知らねえよ!」

ここから巻き返しの狼煙が上げられたのだ。

ザ・旧型

IMG_0751.jpg
MINI TOKYO BAYは認定中古車というのも扱っている。敷地内にズラリとあらゆるモデルが並んでいて実に壮観な眺めだ。見ていて飽きない、楽しい。やはりNEW MINI CROSSOVERの衝撃と比較するとこっちは見慣れていて心地よい。これ眺めながら白いご飯を何杯でも食べられる。あーあ、これも旧型の扱いかあ。

ザ・下見

IMG_0745.jpg
MINIがクロスオーバーをフルモデルチェンジ。どうしても、どうしても一目拝みたくて台場のMINI TOKYO BAYへ。広大な敷地にBMWと隣接されているショールームはスゴい出来映え。そしてお目当てのTHE NEW MINI CROSSOVERとご対面。デカい、とにかくデカいが第一印象。これムリだな、エクストレイルよりデカいんじゃね? とにかく普段カーシェアで借りて乗ってるクロスオーバー(R60)より大幅にサイズアップしている印象だった。

当然に憧れが強く、興味アリアリで行ったワケだ。でも一目拝んで意気消沈した。現実を知らしめ喰らったというか、例えるならば、「あ、あの娘カワイイな。チャンスがあったらオレと付き合えるかも❤️」なんて思って実際に話してみたら・・・

「ゴメンね、わたし女優の仕事しててアナタとお付き合いなんてとてもとても(笑)」

とか言われて振られた気分。というのが一番近いだろうな。ハートブレイクですよもう。まあ、とにかく見てみて出てきた答えが「あたくしなんぞには敷居が高すぎます」ってところだったのだ。

フッ、この時はな!

ザ・首都高教習

IMG_0158.jpg
教習所卒業時にキツく言われていたのが「免許取得後1年は首都高を運転するな」だった。しかし、掟を破り免許取得後およそ8ヶ月で首都高を運転してみようと決心し、ドS教官に同乗してもらう運びとなった。いつものタイムズカープラスで新宿サブナードにある「MINI Crossover Buckingham」R60 ONEベースのガソリン。MINI日本販売開始10周年の特別仕様車。色々な車種を試している時期だが、チャレンジ企画となればやはりMINIを選ぶべきであろう。気合いが違う。

目的地は羽田空港。初台あたりから高速バスのノリで行こうと思ったが、こんなとこは真の首都高とは云えんと教官。神宮球場側から乗り上げることに。しかし、入り口が見えづらく入ることに失敗、1周して再度チャレンジしてようやく乗ることがデキた。1周するところは良く知っている場所だったので苦はなかった。この時ばかりは5歳の時からスワローズファンで本当に良かったと思う瞬間でもあった。

かなり手に汗握るほどでもなかった気がするが一人で運転するのにはまだ早い。しかし、やってみなければいつまで経っても慣れない。時期的にも良かったと思う。

ザ・クロスオーバー

IMG_9906.jpg
グアンタナモ強制収容所から捕虜を救出するため、いつものカーシェアいつものMINIクロスオーバーで出動。運転免許を取得して半年が経ち、この車で1,000km以上は確実に走っているがどんどん出足が悪くなっている気がする。このクロスオーバーの総走行距離は6.4万kmほど。だいぶヘタっているのだろうか? 仲間に聞くと中古車を買う時の目安で2万km以下のモノを狙ったほうがいいと言う。ディーラーで試乗した時は確かにこんな感じではなく、もっとゴーカート感が満載だった。そしてデカい図体の割に後部座席が狭い。もうちょっと上にも前後にも空間が欲しいところだ。やはりエクストレイルが本命なのだろうか。

ザ・メンテ

IMG_9776.jpg
通りがかりに発見。先日乗ったMINI ONEのメンテナンスが行われていた。カーシェアはレンタカーと違って貸主がいつも見ているワケではないもののメンテは必要だろう。この作業が定期メンテナンスなのか、緊急なものなのかは不明だが、フロントガラスまで外すって普通素人目にもない気が。このMINI ONE、先日走行距離を見たら11万キロを超えていた。だがしかし、加速はスゴい。安定のMIIN、なのか?

このカテゴリーに該当する記事はありません。